2013年11月11日

木太町の家U 仕上げ工事

こんにちは。

遅くなりましたが、9月頃の施工中写真をご紹介しますぴかぴか(新しい)

土塗り壁の仕上げとして内装の漆喰塗りがほぼ完了し、造作工事の仕上げに入りました。

まずは、階段です。
071.JPG

080.JPG



続いて、南側の大きな開口部、木製建具の搬入です。
078.JPG


現場での微妙な調整も行います。繊細な作業が続きますひらめき


木製ガラス建具以外にも網戸や雨戸が収まるよう、レールも多数配置しています。
091.JPG

089.JPG


引渡し時期まであと少しですexclamation×2わーい(嬉しい顔)




posted by komaken at 10:23| Comment(0) | 木太町の家II

2013年07月26日

木太町の家U 床暖房と土塗り壁

こんにちはわーい(嬉しい顔)
7月も後半ともなると、子供たちは夏休みに入りましたねグッド(上向き矢印)

現場では床暖房の工事が行われていました家
工事期間中でなければなかなか見ることはできません。

027.JPG

床暖房の施工後は傷などが入らないように養生を施します。こんな感じです↓

039.JPG


2階では、左官職人さんが土塗り壁2回目の「大直し」作業を行っていました。

056.JPG

051.JPG

気温も高い為、前の日に塗った所はもう乾きだしているようですひらめき

053.JPG
posted by komaken at 20:53| Comment(0) | 木太町の家II

2013年07月20日

木太町の家U 内部造作の続き 

7月も中盤を過ぎ、高松市の気温もどんどん上がってゆき、最近では35℃も当たり前となっています。
セミの声も日増しに大きくなっている気がします。

今日は工事が進んでいる内部造作の続きをお知らせします。

まずは、吹き抜けの階段手摺りです。
034.JPG


1階座敷では、小上がりの下地(大引)まで完成していました。
一部、畳下のスペースは収納空間となる予定です。
019.JPG
住宅にとって収納空間をどう取り入れるのか重要なポイントだと思います。ひらめき


では、また近いうちに工事の続きをお知らせしたいと思います家

posted by komaken at 10:10| Comment(0) | 木太町の家II

2013年07月10日

木太町の家U 内部造作が始まりました

猛暑が続いております晴れ
時には突然雷雷が鳴り始め大雨になったり、不安定な天候です。

現場では、内部造作が始まりました。
造作が始まると内部の印象も変わり、次回現場に行くのが楽しみです。

040.JPG

トイレを覗くと、壁に腰板(杉板)が張られていました。
上部壁は漆喰塗りの予定です。
051.JPG

ユニットバスも設置完了していました。
落ち着いた色合いでステキですねわーい(嬉しい顔)
038.JPG

梅雨も明け、どんどん暑くなってゆきます。
職人の皆さん、熱中症には気を付けてくださいね!
posted by komaken at 12:57| Comment(0) | 木太町の家II

2013年06月20日

木太町の家U 1階屋根完成

本日は梅雨入り後2回目となる、まとまった雨が降りました。
恵みの雨です。

雨降りでも工事現場は大丈夫です。

2階の屋根に続き、1階の屋根工事も完了しています。

025.JPG

職人さんの丁寧な仕事により、ガルバリューム鋼板縦ハゼ葺きがきれいに仕上がっていました。

まだ先ですが、竣工が楽しみです。
posted by komaken at 20:30| Comment(0) | 木太町の家II

2013年06月10日

木太町の家U 土塗壁圧縮強度試験

先日、四国職業能力開発大学校にて「土塗壁圧縮強度試験」を行いました。

「土塗壁圧縮強度試験」を実施した目的は、
香川県からの指導により、荒壁土を施工する際は最大強度が3ニュートン以上の基準を満たす必要があり、告示による基準を満たしている事を確認する為のものです。


土壁を試験用に採取した試験体を6体用意し、乾燥させます。
十分乾燥した試験体を機材に設置します。

力が加わり、次第に側面にヒビが入ってきました。
059.JPG

試験結果は、基準を大幅に上回り十分な強度を確認する事ができました。

耐力(平均) :5.036ニュートン
耐力(最大値):5.719ニュートン

067.JPG

今回も良い数値が出ましたので、安心して工事を次の段階へと進められます。

_______________

香川県高松市 無垢の木の家づくり

小松秀行建築工房

TEL 087-889-7871
HP http://khkk.net/
________________
posted by komaken at 19:03| Comment(0) | 木太町の家II

2013年05月24日

木太町の家II 土壁

木太町の家II 土壁を塗っています。


ここが↓
貫.jpg

こうなります↓
藁.jpg


貫の部分は、上に塗っていくと割れやすくなるため藁で補強です。
並んだ藁がかわいいです。

前に塗った部分に、直に新たに塗るだけで前の部分と一体化するとは土壁はすごいです。
そして、万が一不要になった場合に土に帰るのも素晴らしいです。
エコ建材です。


室内側は全部で5回塗ります。今日は2回目です。
合計厚さは7cm!にもなります。

↑太田左官さんに教えてもらいました。

左官さん.JPG

太田左官さん、いろいろありがとうございました。


________________

香川県高松市 無垢の木の家づくり

小松秀行建築工房

TEL 087-889-7871
HP http://khkk.net/

________________
posted by komaken at 17:56| Comment(0) | 木太町の家II

2013年05月10日

木太町の家II 給排水設備工事

木太町の家II 建物外部の給排水設備工事が出来ています。

給排水.JPG


汚水排水管です。この納まりはすごいです!
小松建築工房では、ずっと前からこの納まりと、小松が申しております!

住宅では、このように地上に露出せず、マスは地中埋設、建物内は土間コン内に埋め込み
が多いのですが、この収まりならばメンテナンスも、将来の取り換えも楽々です。

建物完成時には、カバーで覆い見えなくなるそうなので、耐久性も問題なしです。


posted by komaken at 18:01| Comment(0) | 木太町の家II

2013年04月26日

木太町の家II 電気設備工事

木太町の家II 電気設備工事です。

隠ぺい部分(建物完成後見えなくなる部分)の電気配線工事と
浴室換気扇用のダクトができています。

写真電気工事.JPG



土壁にスイッチボックス・・・ちょっと不思議な光景です。

写真スイッチボックス.JPG


________________

香川県高松市 無垢の木の家づくり

小松秀行建築工房

TEL 087-889-7871
HP http://khkk.net/

________________
posted by komaken at 15:01| Comment(0) | 木太町の家II

2013年04月22日

木太町の家II 1階床組

木太町の家II 1階床組が出来てきました。

1階床組.JPG

外壁下の基礎立ち上がり部の内側は、スタイロによる断熱工事をしています。

土台と大引きは柱、梁と同じく四国産の材木を使用しています。
床を張ったら見えなくなる下地材なのに、すごくきれいです。


そして

写真.JPG

写真中央部分、アンカーボルトを避けるために、根太をくりぬいています。

遠山棟梁親子の几帳面な仕事にびっくりです!


________________

香川県高松市 無垢の木の家づくり

小松秀行建築工房

TEL 087-889-7871
HP http://khkk.net/

________________
posted by komaken at 13:55| Comment(0) | 木太町の家II