2018年04月12日

実相寺山がみえる家 通気胴縁

実相寺山がみえる家の工事が進んでいます。

2018.04.12_180412_0002.jpg

外壁通気工法の通気胴縁が施工されました。
外壁仕上は杉板 縦張りなので、胴縁は横胴縁になります。

2018.04.12_180412_0094.jpg
横胴縁には通気できるよう溝があります。

2018.04.12_180412_0079.jpg

通気工法は壁内結露(内部結露)を解消するための工法です。
壁内で結露を起こすと、木材が腐り建物の耐久性を低下させたり、
カビが発生し室内環境に影響を及ぼすこともあります。
そこで湿気を外部に放出するため、壁の中の空気が流れることが大切になってきます。

Tsuru
posted by komaken at 18:00| Comment(0) | 実相寺山がみえる家